ビッグイシュー(325号) 2017年印象に残った10冊に「生きる職場」

 年が明けて嬉しいニュースを教えて頂きました。

 ビッグイシュー(325号)の特集「暮れの時間 本、映画、音楽の2017年」の中で「生きる職場」が紹介されました。

 岡崎武志さん(書評家)は週刊誌で新刊を毎週5冊紹介し、各紙誌から書評依頼もあり、趣味でも仕事でも本を読みっぱなしの一年だそうです。その岡崎さんが2017年の印象に残っている本10冊を紹介しており、その中の一冊に「生きる職場」が入っております。

 とにかく嬉しいです。今読んでいる「辺見庸 もの食う人びと」「西加奈子 うつくしい人」を読み終わったら、ここに紹介されている他の9冊も読んでみようと思います。

 ビッグイシュー販売員さんをみかけたら、ぜひ325号買ってくださいね。ちなみに僕は阪急茨木市駅の販売員さんから買いました。

*ビッグイシューとは
市民が市民自身で仕事、「働く場」をつくる試みです。質の高い雑誌をつくりホームレスの人の独占販売事業とすることで、ホームレス問題の解決に挑戦。救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。1冊350円のうち、180円が販売者の収入になります。
https://www.bigissue.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・



‣パプアニューギニア海産の働き方、その考えがまとめられた書籍

/////////////////////////////////////////////////////////////

・パプアニューギニア海産facebook
https://www.facebook.com/pngebi/

〇書籍「生きる職場」
 書評まとめ

〇海老に関して
海老の背わたと卵を見分け、更に美味しく食べよう
片栗粉で揉むなんてやめて!! 軽く水洗いでOKの海老です
海老の殻が黒くなったら
放射能検査をしながら、岩手の小麦を使用しているわけ
えびのサイズ表示と グラム・長さの関係
きれいな水産工場その理由とは

〇働き方に関して
「好きな日に働く」「嫌いさ作業はやらない」の真意
フリースケジュールで初の出勤人数0人
ダライラマ法王来日法話にて質問
好きな日に働ける会社の売上と人件費の推移
「離職率と求人広告費の推移」

カテゴリー: ■ ブログ(日々のこと), マスコミ掲載 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。