「生きる職場 ー小さなエビ工場の人を縛らない働き方ー」武藤北斗

紀伊國屋書店 ‣楽天ブックス ‣Amazonパプアニューギニア海産


 工場長の武藤北斗です。やっと書籍が出来上がりました。自分で書いたので本当に時間がかかってしまった分、グッと中身の濃い本になりました。
 働き方はもちろんのこと、そこにいたる経緯や、自分の心の葛藤も正直に書かせてもらいました。そしてパプアニューギニア海産がこの30年続けてきた意味、食べものを扱う会社として、何を社会や未来に残していけるのか。ぜひ多くの方に手に取って頂き、読んで頂ければと思います。


[ あらすじ ]
「出退勤時間は自由」「嫌いな作業はやらなくてよい」など、非常識とも思える数々の取り組みが、いま大きな共感を呼んでいる。そして、その先にはあったのは思いもしなかった利益を生むプラスの循環だった。
 2011年3月11日14時46分、東日本大震災。石巻のエビ工場と店舗は津波ですべて流された。追い打ちをかけるような福島第一原発事故。ジレンマのなか工場の大阪移転を決意する。債務総額1億4000万円からの再起。
 人の生死を目の前にして考えたのは、「生きる」「死ぬ」「育てる」などシンプルなこと。そしてそれを支える「働く」ということ。自分も従業員も生きるための職場で苦しんではいないだろうか。そんななかで考え出したのが「フリースケジュール」という自分の生活を大事にした働き方。好きな日に出勤でき、欠勤を会社へ連絡する必要もない。そもそも当日欠勤という概念すらない。
 これは、「縛り」「疑い」「争う」ことに抗い始めた小さなエビ工場の新しい働き方への挑戦の記録である。

[ 無料試し読み ]
https://yondemill.jp/contents/22470?view=1

[ 目次 ]

・はじめに

・第一章 人を縛らない職場はなにを生んだか
ある日の風景 / 人はみんな違うのに……/ 会社という組織の常識に抗う / 社会人一年目の経験 / 仕事をどう捉えるか / 好きな日に出勤できる会社 / 嫌いな作業をやらない職場 / 人を縛らない職場が生んだプラスの循環 / 進化する働き方 / ドキュメント・エビ工場の一日 / ホワイト企業と言われるけれど

・第二章 僕らを突き動かしたもの
東日本大震災と福島第一原発事故 / 立ちはだかる二重債務 / 東北で再建したかった / 石巻での後悔 / 放射能が心配で避難しているお母さんに / 東北に新しい原発が建てられている / 再起ははじめからうまくいったのか / 僕の知らなかった工場の真実 / フリースケジュールが始まった / フリースケジュールの原型は親族の働き方 / 休憩時間は誰のもの?

・第三章 人を縛らない職場ができるまで
会社の役割を考える / 始まる前に重視したのはコミュニケーション / 人は争う生き物である / ルール作りは手段に過ぎない / 人は自由だと働かないのか / 争い事をいかに減らすか / 現場が教えてくれること / 一緒にルールを考える / やってダメなら元に戻す / 遅いのは悪いことじゃない / 人間の好き嫌いは多様で重ならない / 嫌いな作業をやってはいけないことにした効用 / 押し付けないから挑戦できる / 全員が嫌いな作業が出てきたらどうするのか / 好き嫌い表の先にあるもの / 欠勤時に一切の連絡禁止というポイント / フリースケジュールのマイナス面 / 反原発の中で見えたこと / ほかにもまだある働きやすいルール / 失敗したルール / プラスの循環を作る新たな取り組み / 生活が豊かになってこそ仕事に集中できる / ファンタジーなことを言っているのかという葛藤

・第四章 エビと世界の意外な関係
体を作る食べものをまっとうに作る / パプアニューギニア海産ができるまで / なぜ商品の値段に差が出るのか / パプアニューギニアのみんなとの交流

・第五章 『生きる職場』の作り方
本当に働きやすい職場とはなにか / 結果として効率がついてきた / 「疑い」「縛り」「争う」ことが蔓延した世界で / 自由になるとなぜ効率が上がるのか / 管理することへの幻想 / 機能するルールを作る / 発想の転換こそが鍵
/ できるだけシンプルに、子育てのように / 小さな会社だからできるのか / 非正規雇用は悪いことなのか / そのままやるのが重要ではない / 今となってはやめることがリスク / 働くことと生きること

・おわりに

[ カバー帯 記載事項 ]
好きな日に働く、嫌いな仕事はやらない / 人に優しい働き方の先にあったのは / 想像を超えたプラスの循環だった
テレビ朝日「報道ステーション」「羽鳥慎一 モーニングショー」、TBS系「白熱ライブビビット」、フジテレビ系「クイズやさしいね」、文化放送「日曜はがんばらない」、朝日新聞夕刊一面、各地方紙など多数メディアで紹介!

[ 著者 ]
 武藤北斗(むとうほくと)1975年福岡県生まれ。パプアニューギニア海産工場長。3児の父。小さな頃から引越しを繰り返し小学校は3校に通う。小学校4年から高校卒業までは東京暮らし。芝浦工業大学金属工学科を卒業後、築地市場の荷受けに就職しセリ人を目指す。夜中2時に出勤し12時間働く生活を2年半過ごす。その後㈱パプアニューギニア海産に就職し、天然えびの世界にとびこむ。
 2011年の東日本大震災で石巻にあった会社が津波により流され、福島第一原発事故の影響もあり1週間の自宅避難生活を経て大阪への移住を決意。震災による二重債務を抱えての再出発。現在は大阪府茨木市の中央卸売市場内で会社の再建中。東日本大震災で「生きる」「死ぬ」「働く」「育てる」などを真剣に見つめ考えるようになり、「好きな日に働ける」「嫌いな作業はやる必要はない」など、固定概念に囚われず人が持ち得る可能性を引き出すことに挑戦している。

[ 書籍情報 ]
単行本216ページ
ハードカバー
出版社:イーストプレス
価格1,500円(税別)

[ 書評(新聞、週刊誌、インターネット等 ]
http://pngebi.greenwebs.net/?p=6122

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

‣紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784781615202
‣楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14729691/
‣amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4781615201/



/////////////////////////////////////////////////////////////

・パプアニューギニア海産facebook
https://www.facebook.com/pngebi/

〇海老に関して
海老の背わたと卵を見分け、更に美味しく食べよう
片栗粉で揉むなんてやめて!! 軽く水洗いでOKの海老です
海老の殻が黒くなったら
放射能検査をしながら、岩手の小麦を使用しているわけ
えびのサイズ表示と グラム・長さの関係
きれいな水産工場その理由とは

〇働き方に関して
「好きな日に働く」「嫌いさ作業はやらない」の真意
フリースケジュールで初の出勤人数0人
ダライラマ法王来日法話にて質問
好きな日に働ける会社の売上と人件費の推移

 
]

カテゴリー: ■ ブログ(日々のこと) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。