2017年漁獲 パプアニューギニア産天然えび 放射能検査結果

2017年度漁獲のパプアニューギニア産天然えびの放射能検査結果が出ました。こんなにもドキドキすることを一生続けないといけないかと思うと、本当に苦しい思いになります。もう原発はいりません。再稼働などやめるべきです。核燃サイクルは今すぐにやめるべきです。これは震災前から変わらぬ私たちの思いです。

測定日時:2017年7月10日
測定場所:新宿代々木市民測定所
測定時間:10,800秒
試料容器:1Lマリネリ容器
試料重量:989g
試料名:天然エビ
概要:パプアニューギニア産
検出機器:BSI社 GCD60-200
相対効果:60%

核種
セシウム137 不検出(検出限界 0.13Bq/kg)
セシウム134 不検出(検出限界 0.13Bq/kg)



‣工場長武藤北斗 講演情報

‣パプアニューギニア海産の働き方、その考えがまとめられた書籍

/////////////////////////////////////////////////////////////

・パプアニューギニア海産facebook
https://www.facebook.com/pngebi/

〇書籍「生きる職場」
 書評まとめ

〇海老に関して
海老の背わたと卵を見分け、更に美味しく食べよう
片栗粉で揉むなんてやめて!! 軽く水洗いでOKの海老です
海老の殻が黒くなったら
放射能検査をしながら、岩手の小麦を使用しているわけ
えびのサイズ表示と グラム・長さの関係
きれいな水産工場その理由とは

〇働き方に関して
「好きな日に働く」「嫌いさ作業はやらない」の真意
フリースケジュールで初の出勤人数0人
ダライラマ法王来日法話にて質問
好きな日に働ける会社の売上と人件費の推移

カテゴリー: ■ ブログ(日々のこと), 放射能検査結果 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。