何時から休憩をとってもよい工場

「休憩時間をとるかも自由」になって数か月経過していますが、今度は「何時にとるのかも自由」になりました。

これまではお昼休憩は12時からスタートしていました。そこから15分とったり、45分とったり、または休憩を取らないなどを自分で毎日選択していました。

そこからちょっと進化し、休憩は何時から何分取ってもいいことになりました(15分刻みで)。

例えば8時30分に出社して、14時に帰る場合などは、12時に休憩を取るよりも、中間の11時位から休憩をとるほうが体には楽のようです。

こうなると社員がパート従業員の休憩時間を管理せず、自分で時計をみて、各個人の責任で休憩に入り戻ってくることになります。「ごまかす人がいるんじゃないか?」もうそんな質問はしないでくださいね。働きやすい職場を目指し、そのことが効率を上げると実感している僕らは、何を信じ、どう行動するべきかを一人一人が自覚しているのです。



‣工場長武藤北斗 講演情報

‣パプアニューギニア海産の働き方、その考えがまとめられた書籍

/////////////////////////////////////////////////////////////

・パプアニューギニア海産facebook
https://www.facebook.com/pngebi/

〇書籍「生きる職場」
 書評まとめ

〇海老に関して
海老の背わたと卵を見分け、更に美味しく食べよう
片栗粉で揉むなんてやめて!! 軽く水洗いでOKの海老です
海老の殻が黒くなったら
放射能検査をしながら、岩手の小麦を使用しているわけ
えびのサイズ表示と グラム・長さの関係
きれいな水産工場その理由とは

〇働き方に関して
「好きな日に働く」「嫌いさ作業はやらない」の真意
フリースケジュールで初の出勤人数0人
ダライラマ法王来日法話にて質問
好きな日に働ける会社の売上と人件費の推移

カテゴリー: ■ ブログ(日々のこと), 工場長また語り始めた パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。