パプアニューギニアより研修生

12月に入り工場も事務もバタバタし始めましたが、優秀な社員やパートさんのおかげでクレームもほぼゼロ。この時期は販売店の皆さんも忙しい時期なので新規営業を控えている私は比較的楽ちんなのです。笑
さて、本日はパプアニューギニア(以下PNG)からの研修生をご紹介します。彼らは現地の船のバリバリ現役の乗組員です。PNGのエビ漁は資源保護のため、メイン漁場が12月1日~3月31日までの4ヶ月間禁漁となります。その間に船の修理や資材整理など仕事がいろいろあるのですが、毎年2人づつ日本に研修にも来ます。
自分達の漁獲した海老がどのように日本に届くのか。どのように加工されるのか。船の上と工場で解凍した時ではどのような品質の差が出るのか。自分達の選別がきちんとできているのか、様々な事を自分達の目で肌で実感します。
そして、お客様のお店やレストランにも訪問します。また、今年は初めて消費者の方の家まで訪問しました!!!これは僕達も初体験で、まるでTVのようでした。笑 
今年は12月22日まで研修が続きます。

写真は大阪でお好み焼きを食べるレジーとジェイムスです。

カテゴリー: 現地乗組員 日本訪問記 パーマリンク

パプアニューギニアより研修生 への2件のフィードバック

  1. 九州産直クラブです のコメント:

    いつもお世話になります。
    研修生のかた、寒かったでしょうね。
    九州にもおいで下さい!タダで泊まれます! 食事も!(会社の和室 笑)

  2. hokuto muto のコメント:

    九州産直クラブさん
    お世話になっております。今年は雪も降り、外はかなり寒かったようです。九州は暖かいし、宿泊・食事が無料なのは魅力ですね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。