パン粉につきまして

お惣菜に使用するパン粉につきまして

いつも私達の天然海老をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
 これまで「海老フライ」「えびコロフライ」等のパン粉を使うお惣菜には品質やこだわりなどを考慮し桜井食品様にお世話になっておりました。震災後におきましては放射能対策もあり2010年度岩手産小麦粉が原料のパン粉のみを使用しておりましたが、在庫が終了したため、2012年度岩手産小麦粉が原料の桜井食品様のパン粉を使用することとなりました。
 
福島原発事故後は放射能汚染に関するお問い合わせ等を様々頂いております。特にパン粉や小麦粉に関しては貴重なご意見を頂き、弊社なりに考え悩んだすえの結論であります。
放射能検査に関しましては、岩手産小麦粉を取り扱っている会社が検査(ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー・検出限界値1ベクレル)、桜井食品様での検査、そして弊社でも年度毎に検出限界1ベクレルで検査に出すことに決めました。
 西日本や九州産の小麦粉を使用したパン粉のご要望を頂いた皆様には申し訳なく思いますが、この検査体制で放射性ヨウ素と放射性セシウムが検出されなかった小麦粉に関しては弊社としては問題がないと判断させて頂きました。ご理解宜しくお願い致します。
 今後も自分の家族や友達や子どもに食べてもらいたいと思える食品づくりを心掛け頑張っていければと考えております。

 尚、2010年度産のパン粉がなくなり次第切り替えさせて頂きます。どの時点での切り替えになるかは予想がつかないですが、6月中旬になるのではないかと予想しております。

*通信販売の皆様には切り替わる際はその旨が分かるように表示させて頂きます。


カテゴリー: ■ ブログ(日々のこと) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。